心斎橋のレーザー脱毛ならココ!人気クリニックの口コミ調査

施術できない場合はあるの?

医療レーザー脱毛を安全に受けるために注意しておきたいことを説明しています。

レーザー脱毛に副作用はある?

  • 妊婦さんに与える影響は?
    レーザー光源そのものが赤ちゃんや母体に悪い影響を与えることはありません。ただ、精神的に不安定になりやすいので、多少なりとも刺激を受ける施術は、避けた方が無難です。
  • 成人してからじゃないとできないの?
    危険な副作用は特に分かっていないようですが、効果があまり得られないようです。というのも、10代の体はまだ成長しているので、レーザー脱毛を受けて毛根を破壊しても、再び毛根が生成され、毛が生えてくることがあるのです。
    多感な時期で、とても悩ましいと思いますが、できれば、成長期を過ぎる18歳を過ぎる頃まで待ってから照射した方が効果的です。
  • 生理中にレーザー脱毛は危険?
    生理中は、肌が敏感になって痛みを強く感じますし、抵抗力が低下しているので、毛嚢炎や炎症を起こしやすくなっています。可能であれば日程を変更した方が、気持ち良く施術を受けられます。

安全にレーザー脱毛をするために

  • 施術前の注意点
    毛抜きで毛を抜くのはNGです。毛根を取ってしまうと、レーザーを当てても効果がありません。
    自己処理で毛抜き処理していた方は、毛根がある程度育つまで、時間をおいてから施術を受けた方が安全です。カミソリなどで剃るのは、毛根が残るので問題はありません。
  • 施術期間中の注意点
    日焼けしないように注意しましょう。レーザーはメラニン色素に反応して熱エネルギーを出し、毛根を破壊して脱毛するわけですが、日焼け肌にもメラニン色素があるので、レーザーが反応して火傷を起こす可能性があります。
  • レーザーの照射後
    施術後は、毛穴が赤くポツポツとします。これは熱で毛根が処理されたということで、だいたい数日後には消えますが、何日経っても赤みが消えない時には、毛穴に雑菌が入っている可能性があります。
    また、皮膚の広い範囲が赤くなり、ヒリヒリと痛い場合は、皮膚炎を起こしているかもしれません。クリニックに問い合わせて、適切な治療を受けて下さい。
    照射後は、できるだけ刺激を与えないようにしましょう。肌を強くこする、熱いお湯を使うなどは、肌に良くありません。
pagetop
レーザー脱毛クリニックガイドin心斎橋