心斎橋のレーザー脱毛ならココ!人気クリニックの口コミ調査
人気コンテンツ一覧
うなじ・背中・お尻など気になる部位の脱毛メリットとは?
レーザー脱毛後にお肌ケアで注意すべきことは?
心斎橋で人気のレーザー脱毛クリニック紹介
恵聖会クリニック心斎橋院
ツツイ美容外科
トキコクリニック心斎橋院
ウィルクリニック
浜口クリニック心斎橋
心斎橋美容外科
衣笠クリニック
つかはらクリニック
共立美容外科大阪院
星光クリニック
ヴェリテクリニック大阪院
心斎橋サクラアズクリニック
たにまちクリニック
優愛クリニック心斎橋院
MAクリニック
心斎橋コムロ美容外科
品川美容外科 心斎橋院
レーザー脱毛質問BOX
レーザー脱毛後はどんなアフターケアが必要?
レーザー脱毛を受ける時注意点ってある?
料金の相場を知りたい
何回くらい通うの?
クリニック選びのポイント
施術できない場合はあるの?
エステ脱毛との違いは?
家庭用レーザー脱毛器ってどう?
人気の脱毛部位紹介
【番外編】脱毛クリームってどう?
【注目】レーザー脱毛の最新機・ソプラノとは
注目!レーザー脱毛口コミ集
女性のレーザー脱毛体験談
男性のレーザー脱毛体験談
人気部位のレーザー脱毛ガイドin心斎橋
レーザー脱毛, 心斎橋
Vライン
ひざ下
ハイジニーナ
ひじ下
【メンズ特集】男だって脱毛したい!
全身脱毛は医療レーザーで決まり!

施術できない場合はあるの?

医療レーザー脱毛を安全に受けるために注意しておきたいことを説明しています。

レーザー脱毛に副作用はある?

  • 妊婦さんに与える影響は?
    レーザー光源そのものが赤ちゃんや母体に悪い影響を与えることはありません。ただ、精神的に不安定になりやすいので、多少なりとも刺激を受ける施術は、避けた方が無難です。
  • 成人してからじゃないとできないの?
    危険な副作用は特に分かっていないようですが、効果があまり得られないようです。というのも、10代の体はまだ成長しているので、レーザー脱毛を受けて毛根を破壊しても、再び毛根が生成され、毛が生えてくることがあるのです。
    多感な時期で、とても悩ましいと思いますが、できれば、成長期を過ぎる18歳を過ぎる頃まで待ってから照射した方が効果的です。
  • 生理中にレーザー脱毛は危険?
    生理中は、肌が敏感になって痛みを強く感じますし、抵抗力が低下しているので、毛嚢炎や炎症を起こしやすくなっています。可能であれば日程を変更した方が、気持ち良く施術を受けられます。

子どもでもレーザー脱毛できるの?

ムダ毛が気になるのは、大人だけではありません。子どもでもムダ毛が気になります。特に身体が成長して、生えていなかった部分に毛が生えてくるようになると、学校でからかわれたりすることもあり、子どもから脱毛をしたいと言い出す場合もあります。 しかし、成長途中の子どもがレーザー脱毛を受けることはできるのでしょうか?

レーザー脱毛に年齢制限はあるの?

レーザー脱毛に、年齢制限はありません。そのため、何歳からでも脱毛は可能です。しかし、エステやサロンによっては、独自の年齢制限を設定している場合があります。12歳以上、16歳以上と、年齢制限は店舗によってはまちまちですが、高校生ぐらいになれば、ほとんどの店舗で脱毛が可能となります。

また、未成年のレーザー脱毛は、申し込む際に、保護者が同意書にサインする必要があります。場合によっては、保護者同伴での来店が求められるため、注意が必要です。

子どもでも医療レーザー脱毛できるの?

医療レーザー脱毛の場合、エステやサロンなどで受けられる脱毛と同じように、定められた年齢制限がありません。そのため、子どもでも医療レーザー脱毛を受けようと思えば受けられます。

しかし、こちらもエステやサロンでの脱毛と同じように、それぞれのクリニックで独自の年齢制限を設定している場合があるので、注意が必要です。さらに、クリニックで行なわれる医療レーザー脱毛は、エステやサロンのフラッシュ脱毛より、痛みが強い傾向にあります。そのため、その痛みにどこまで耐えられるかという心配もあります。そして、レーザー脱毛の前にはテスト照射があるので、それを受けると、レーザー脱毛の実際の痛みの程度を確かめることができます。

中学生以下の子どもが脱毛したい場合

中学生以下の子どもで脱毛したい場合、まずは。毛の再生について理解しておくことが大切です。中学生以下だと、身体はまだ成長途中です。そのため、中学生以下で脱毛を行なっても、これから成長してくる毛までは、残念ながら脱毛しきれない可能性があります。すると、きれいにすべて脱毛できたと思っても、後から脱毛できなかった成長途中の毛が生えてきてしまうのです。 この毛の再生サイクルは、大人の脱毛でも充分ありえますが、身体が成長途中の子どもの場合は、さらにその可能性が高くなると考えられています。

しかし、中学生や小学生などでも、ムダ毛に悩むことはあります。特に周りの同い年の子どもよりも少しばかり成長が早く、毛が生えるのも早かった場合、周囲との違いに恥ずかしく感じたり、からかわれたりする可能性も大いにあります。大人にとっては身体の成長に伴う些細な悩みに見えても、子どもにとって、時には心に影を落とす大きな悩みとなります。そのような悩みを解消してあげるためにも、子どもの脱毛というのも、有効な手段のひとつと言えるのではないでしょうか。

子どもの脱毛で気をつけたいこととは?

子どもの脱毛でも、大人の脱毛と同じように施術前や施術期間中は気をつけなければなりません。学校の体育の授業などで日焼けをしてしまわないように注意したり、毛が残っているのがいやだからと、毛抜きでむやみに抜いてしまうことがないようにしましょう。 また、大人と違い、体操服や水着を授業で着なくてはならない子どもの場合、レーザー脱毛後、数日残る毛穴の赤みは体操服や水着では隠すことができません。子どものレーザー脱毛を行なう場合は、授業や学校行事を照らし合わせて行なっていくのがおすすめです。

そして、子どもの脱毛は、親が望むより「子ども自身が脱毛をしたいと思っているか。」というのが重要なポイントです。親が脱毛を経験していて、ムダ毛がなくて楽だから子どもには早めに受けさせよう。と、成長期の子どもにむやみに勧めるようなことはせず、必ず、子ども自身がムダ毛と脱毛について、どう思っているのか、きちんと確認してから行なうようにしましょう。

【参考】

授乳中のレーザー脱毛について

出産後は、どうしても赤ちゃん中心の生活になってしまいます。特に数時間置きに授乳しなくてはならない授乳中は、最低限の身だしなみですら整えられないほど。出産前は定期的にできていたムダ毛の自己処理に使える時間を確保するのは難しいですよね。そのため、出産後にムダ毛処理の時間をなくしたくて、全身脱毛を考える人も多いのではないでしょうか。 しかし、授乳中の脱毛はNGとしている脱毛クリニックが多くあるのです。

授乳中の脱毛がNGなのはなぜ?

授乳中の女性がレーザー脱毛NGになっているのには、いくつかの原因があります。 授乳中はダメ。とだけいわれると「脱毛に使うレーザーが母乳に影響してしまうから?」「レーザーはやはり人体に影響があるの?」と思われてしまいがちですが、そうではありません。脱毛のためのレーザーは、身体の奥深くには届きませんし、母乳にも悪い影響を与えません。しかし、授乳中の女性の身体は通常とは、ホルモンバランスが大きく違っているため、脱毛NGとなっていることが多いのです。

女性の身体は妊娠すると、それまでとはホルモンバランスが大きく変化します。その変化は、出産後、すぐに戻る程度の簡単なものではありません。そのため、産後しばらくは、ホルモンバランスが乱れているのです。ホルモンバランスが乱れていると通常より肌は敏感になることが多く、脱毛のためのレーザーで肌トラブルが起こる可能性が高くなったり、痛みも強く感じる場合があるのです

また、授乳中は母体の脳下垂体から「プロラクチン」と呼ばれるホルモンが多く分泌されます。このプロラクチンは、乳腺の発達を促し、乳汁の分泌を促してくれるホルモンです。そして、プロラクチンが多く分泌されると毛が濃くなるという症状をも引き起こします。そのため、授乳中にレーザー脱毛で毛を減らそうと思っても、プロラクチンの働きで毛が濃くなってしまっては、せっかくの脱毛効果も実感しにくくなってしまいます。
とはいえ、レーザー脱毛の場合、レーザーの熱エネルギーで毛根を破壊し毛を減らしていくため、プロラクチンが多く分泌されている授乳中でも、確実に毛根の状態を変化させ毛を減らしていくことは可能です。しかし、妊娠前にすでにレーザー脱毛を行なっていた場合、出産後のレーザー脱毛は、妊娠前の脱毛効果と比べると、一時的とは言え、残っている毛が濃くなる可能性があるため、効果は実感しにくくなります。

授乳が終わるまで脱毛はできないの?

脱毛は毛の周期に合わせて行なわないとならないため、どうしても時間がかかります。そのため、妊娠前からレーザー脱毛を行なっていた場合、できるだけ早く再開したいと思いますよね。また、産後は母体が完全に回復していない状態で赤ちゃん中心の生活を休みなく続けなくてはならないため、定期的なムダ毛の自己処理もできれば止めてしまいたいもの。出産後は、1日でも早く全身脱毛してしまいたい。という女性もいるでしょう。
多くのクリニックでは、ホルモンバランスやプロラクチンの影響を考慮して、授乳中の脱毛NGとしていますが、なかには授乳中でも脱毛してくれるクリニックも存在します。また、出産後の脱毛に関しては、クリニックによって脱毛可能な時期が異なります。生理が再開したら脱毛可能だったり、卒乳、または断乳などで、母乳育児が終わってから脱毛可能だったり、それぞれ異なります。

妊娠前は全く平気でトラブルも起きなかったレーザー脱毛でも、出産後にホルモンバランスが大きく変わることで、思わぬ肌トラブルを引き起こしたり、強い痛みを感じる場合あります。出産後にレーザー脱毛を受ける場合は、信頼できるクリニックとまずはじっくり相談することが大切です。

【参考】

安全にレーザー脱毛をするために

  • 施術前の注意点
    毛抜きで毛を抜くのはNGです。毛根を取ってしまうと、レーザーを当てても効果がありません。
    自己処理で毛抜き処理していた方は、毛根がある程度育つまで、時間をおいてから施術を受けた方が安全です。カミソリなどで剃るのは、毛根が残るので問題はありません。
  • 施術期間中の注意点
    日焼けしないように注意しましょう。レーザーはメラニン色素に反応して熱エネルギーを出し、毛根を破壊して脱毛するわけですが、日焼け肌にもメラニン色素があるので、レーザーが反応して火傷を起こす可能性があります。
  • レーザーの照射後
    施術後は、毛穴が赤くポツポツとします。これは熱で毛根が処理されたということで、だいたい数日後には消えますが、何日経っても赤みが消えない時には、毛穴に雑菌が入っている可能性があります。
    また、皮膚の広い範囲が赤くなり、ヒリヒリと痛い場合は、皮膚炎を起こしているかもしれません。クリニックに問い合わせて、適切な治療を受けて下さい。
    照射後は、できるだけ刺激を与えないようにしましょう。肌を強くこする、熱いお湯を使うなどは、肌に良くありません。
pagetop
レーザー脱毛クリニックガイドin心斎橋