心斎橋のレーザー脱毛ならココ!人気クリニックの口コミ調査
人気コンテンツ一覧
うなじ・背中・お尻など気になる部位の脱毛メリットとは?
レーザー脱毛後にお肌ケアで注意すべきことは?
心斎橋で人気のレーザー脱毛クリニック紹介
恵聖会クリニック心斎橋院
ツツイ美容外科
トキコクリニック心斎橋院
ウィルクリニック
浜口クリニック心斎橋
心斎橋美容外科
衣笠クリニック
つかはらクリニック
共立美容外科大阪院
星光クリニック
ヴェリテクリニック大阪院
心斎橋サクラアズクリニック
たにまちクリニック
優愛クリニック心斎橋院
MAクリニック
心斎橋コムロ美容外科
T-クリニック
品川美容外科 心斎橋院
レーザー脱毛質問BOX
レーザー脱毛後はどんなアフターケアが必要?
レーザー脱毛を受ける時注意点ってある?
料金の相場を知りたい
何回くらい通うの?
クリニック選びのポイント
施術できない場合はあるの?
エステ脱毛との違いは?
家庭用レーザー脱毛器ってどう?
人気の脱毛部位紹介
【番外編】脱毛クリームってどう?
【注目】レーザー脱毛の最新機・ソプラノとは
注目!レーザー脱毛口コミ集
女性のレーザー脱毛体験談
男性のレーザー脱毛体験談
人気部位のレーザー脱毛ガイドin心斎橋
レーザー脱毛, 心斎橋
Vライン
ひざ下
ハイジニーナ
ひじ下
【メンズ特集】男だって脱毛したい!
全身脱毛は医療レーザーで決まり!

レーザー脱毛質問BOX

このカテゴリでは、レーザー脱毛を行う前に知っておきたい基礎知識や注意点についてご紹介しています。

やはり気になるのは、レーザー脱毛にかかる料金ではないでしょうか。料金の相場のページでは、体のパーツごとにどれくらいの施術料金がかかるのかをまとめていますので、ぜひご覧頂ければと思います。また、数か所まとめて脱毛契約をするシステムや、チケット制とフリーパス制の違いと、賢い利用方法についてもご紹介しています。

また、脱毛が完了するまでに、どれくらいの期間・何回程度通う必要があるのかも、気になる点です。肌を露出する時期が近づいてくると、短期集中の脱毛希望者がグンと増えますが、レーザー脱毛を使って、一度で永久脱毛を完了することは、できません。また、個人差があることも、知っておきたい店です。

また、レーザー脱毛は基本的に安全ですが、コンディションによっては医師に相談した方がいい場合があります。レーザー脱毛をする前に確認しておきたい注意点や、正しいアフターケアについても書いています。

レーザー脱毛を受ける時注意点ってある?

レーザー脱毛を受けたいと思っているけれど初めてだからわからないことだらけ...という方のためにレーザー脱毛の注意点についてご紹介します。エステサロンでの脱毛とは違った注意点もあるので参考にしてみてくださいね。

レーザー脱毛を受ける時注意点ってある?

料金の相場を知りたい

レーザー脱毛をする際に、どの部位の脱毛を行うのかによって料金の相場は変わってきます。やはり、施術が難しい部位や広範囲の脱毛を行う場合は料金が高くなるのです。両脇の場合は平均すると4,000円前後となっています。クリニックによってかなり違いが大きいのでしっかり比較して決めたいですね。脇は範囲が小さいこともあり料金は抑えられていますが、範囲の広い腕や脚、全身脱毛などを行う場合は高額な費用が発生するので費用面で納得できるところを選びましょう。

料金の相場を知りたい

何回くらい通うの?

脱毛では毛周期と呼ばれるものを参考にしながら最も効果的なタイミングで施術を行っていきます。肌の奥で休んでいる毛もあるため、一度の照射ですべての毛根を破壊することはできません。そのため、何度か行わなければならないのです。脇・デリケートゾーン・脚は5回、腕は6回から10回程度を1つの目安にしてみましょう。連続して脱毛ができるわけではなく、2~3か月に1回程度行います。

何回くらい通うの?

クリニック選びのポイント

重要なのはカウンセリングが充実していること。どこでも基本的に丁寧なカウンセリングを行ってくれますが、自分の希望や予算に沿ったプランを提供してくれるのか、的確なアドバイスをくれるのかなどをチェックしましょう。他にも日々新しい施術が登場している最新の脱毛情報を医師が把握しているのか、しっかり感情のことを考えたケア体制が充実しているのかなども確認しておきたいですね。

クリニック選びのポイント

施術できない場合はあるの?

妊娠時にレーザー脱毛をしたとしても基本的に赤ちゃんや母体に悪い影響を与えることはないとされていますが、身体に刺激を与えることになるので避けておきましょう。

参考:医療法人ラナンキュラス会麗ビューティー皮フ科クリニック院長 居原田 麗:女性心身医学 <ランチョンセミナー>妊娠と美 2017/3[PDF]

また、生理の時も抵抗力が低下する関係から別の日に予約を変更した方が良いとされています。安全にレーザー脱毛をするためには施術前に毛抜きで毛を抜かない、日焼けをしない、施術後の肌に刺激を与えないなどの対策も必要です。

施術できない場合はあるの?

エステ脱毛との違いは?

エステの脱毛はクリニックに比べて安いところが多いのですが、安全面や衛生面に関していえばやはりクリニックのほうが上だといえるでしょう。また、1回あたりの費用はエステの方が安く済んだとしてもクリニックは出力の高いマシンを使っているので少ない回数で脱毛効果が期待できます。

できるだけ脱毛効果を実感したいと思っているのであれば医療レーザー脱毛ができるクリニックを選択しましょう。

エステ脱毛との違いは?

自己処理じゃダメなの?

わざわざ高いお金を払って脱毛しなくても、自己処理をすればいいのではないか、と思っている人は多いでしょう。確かに、毎回問題なく処理できるなら、手間や使う道具のお金はかかりますが、ツルツルの肌に見せることは可能でしょう。

ただ、自己処理にはさまざまな問題が潜んでいます。自己処理全般に言えますが、自分からは見えにくい部分の自己処理は難しく、やり方によってはけがなどのリスクもあり得るでしょう。自己処理の種類別に、メリットとデメリットを挙げていきますので、内容を確認して自己処理についての理解を深めてください。

カミソリ

一番ポピュラーな自己処理はカミソリを使ったムダ毛処理です。生えてきたら剃る、というシンプルさで、習慣としてカミソリを使っている人も少なくありません。ただ、根元から除去しているわけではないのですぐに伸びてきますので、ひんぱんに剃る必要があり面倒です。また、カミソリで剃った断面が毛先よりは太いため、毛が伸びてくるとかえって目立って見えます。

それに、カミソリは肌を痛めやすいというデメリットも。敏感な肌の人は、カミソリ負けしてしまい、処理自体がつらいでしょう。カミソリ負けをしない人も、カミソリを使い続けている皮膚表面を削り取り、そこから肌が乾燥しやすくなります。カミソリでムダ毛処理をした後は保湿を欠かさないようにしましょう。

カミソリでの自己処理を続けていくと、乾燥した皮膚にかさぶたができ、治っていく過程で毛穴をふさく「埋没毛(まいぼつもう)」という症状を引き起こす場合もあります。埋没毛は、一度できると針で塞がった部分に穴をあけて除去することも可能ですが、肌を傷つけてしまいます。

毛抜き

毛抜きでの自己処理は、カミソリよりは長持ちする自己処理方法です。根元から引き抜くため、抜いてしまえば2週間ぐらいはもち、毛先は細いので毛が伸びてきてもカミソリのような目立ち方はしません。

ただ、毛抜きで抜いても毛母細胞は残っているため、永久脱毛になるわけではなく、ムダ毛はまた生えてきます。一度に抜ける毛も限られており、広範囲の脱毛にはかなりの根気が必要でしょう、

また、単純に毛を抜く行為は強い痛みを伴います。たくさん処理にはかなりの負担を感じるでしょう。カミソリのように肌は傷つけませんが、何度も抜いていると防衛本能が働き、埋没毛になってしまうことも。

脱毛テープ

脱毛テープは、粘着力のあるテープをムダ毛の部分に貼りつけ、一気にはがすことで脱毛する方法です。原理としては毛抜きと同じで、物理的な力で毛を引き抜きます。広範囲でやれる分手間はかからない点は、毛抜きよりも優れた点です。

しかし、毛抜きで少しずつ抜くのも痛いのに、まとめて抜くとなると、かなりの痛みが走るのは想像に難くありません。痛みが強いため、定期的に脱毛を続けられるかどうかも疑問です。

除毛クリーム

一般的に脱毛クリームと呼ばれるものは、実際には除毛クリームのことを指します。除毛クリームは、中に含まれている薬剤がポイント。表面に出ている毛を科学的な作用で溶かして除去します。毛抜きや脱毛テープのように負担をかけず毛を抜くことができるのが大きな利点です。また、値段もあまり高くないので気軽に試せる点もメリットでしょう。

デメリットとしては、カミソリと同様表面に出ている毛しか溶かせないため、毛が伸びてくるサイクルが早いです。それに、かなり強い薬剤なので、通常の化粧品以上に肌荒れトラブルを起こしやすいのも問題と言えます。溶かしている毛も肌もたんぱく質でできているのですから影響があるのも当然です。

敏感肌用の製品も用意されていますが、それでもやはり素肌の上に直接つけるものですので、肌への刺激はゼロにはなりません。肌への刺激が強いため、デリケートゾーンや皮膚の粘膜などには使えない製品が多いです。

脱毛ワックス

最近よく見られるようになってきたのが脱毛用のワックスです。粘度が高く、温めてゆるめてから肌にのばして乾かします。その後、脱毛テープと同じような要領で、毛の生えている方向と逆の方に一気にはがして脱毛する、という方法です。

ワックスを塗った範囲の毛を一度に抜くことができる点と、根元から毛を抜くのでカミソリや脱毛クリームよりは毛が伸びてくるまでに時間がかかる点が魅力でしょう。また、脱毛ワックスは脱毛クリームのような薬剤ではなく肌当たりが優しい点もメリットです。

脱毛ワックスのデメリットは、はがす際の刺激で皮膚を痛めがちだという点と、一気にはがす時の痛みが強いことです。また、何度もこの方法で脱毛しているうちに、埋没毛ができてしまうリスクもあります。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、手軽に光脱毛ができるという点で人気のある脱毛方法です。脱毛エステや脱毛クリニックで使用されている機械とはやはり出力の差がありますが、自分のペースで脱毛できる点に魅力を感じる人も多くいます。高額だった値段も昔よりは下がってきて、相求めやすくなったことも普及の一因でしょう。

自分のペースで脱毛ができる点では魅力のある家庭用脱毛器ですが、出力の加減が分からずに火傷をしたり、間違って目に照射して失明したりという可能性は捨てきれません。特に顔付近やワキの照射は非常に危険です。

家庭用レーザー脱毛器ってどう?

商品によって価格や効果は違いますが、自宅で手軽に脱毛ができるのは大きな魅力です。ですが、使い方を間違えてしまうと火傷のリスクがあるだけでなく、クリニックなどで使われているのと同じ仕組みのレーザー脱毛といっても家庭用は安全性を高めるために出力が抑えられています。そのため、クリニックでできる脱毛と全く同じ効果が得られるわけではないのです。背中などはどうしても自分で施術しにくい部分でもあるので人にお願いしなければならず、家庭用レーザー脱毛器を購入すれば簡単にツルツルの肌が手に入るとは限りません。

家庭用レーザー脱毛器ってどう?

人気の脱毛部位紹介

体の中の脱毛で最も人気のある部位といえば脇でしょう。思い切って脱毛してしまえば夏に毎日処理する手間も省けますし、肌への刺激もされます。また、女性の場合は露出することが多い脚や膝下、腕なども人気です。近年はVラインやOラインを検討する方も増えてきました。一つ一つのパーツを契約するよりもお得ということで全身脱毛を選ぶ方も多いので、自分にとって最適な範囲を選択してみましょう。

人気の脱毛部位紹介

【番外編】脱毛クリームってどう?

除毛クリームが安価で手軽に行えることから人気が高いです。また、フローラルの香りがついているものなどもあり、リラックス効果も期待できるでしょう。ただし、脱毛効果はそれほど高くなく、間違った使い方をすると肌トラブルが発生してしまう可能性もあります。

【番外編】脱毛クリームってどう?

【注目】レーザー脱毛の最新機・ソプラノとは

従来の脱毛器は黒い毛に反応してダメージを与える方法でしたが、ソプラノは蓄熱型と呼ばれる最新のマシンで少しずつ刺激を与える仕組みであるため痛みを大幅に抑えられます。色黒の方でも受けられる脱毛ということもあり注目されていますが、導入されている病院は少ないためソプラノでの脱毛を受けたいと思った場合は導入しているクリニックを探すことから始めなければなりません。

【注目】レーザー脱毛の最新機・ソプラノとは

pagetop
レーザー脱毛クリニックガイドin心斎橋